アクア薬局では患者さまに安全なお薬を提供する為、薬剤師たちによるお薬のチェックを何重にも行っています。
ここでは、患者さまの手にお薬が渡るまでの流れをご紹介します。

 

ボタン3 ボタン2

 

 

 

受付

1,処方せん受付


処方せんを受付 【薬局】
 患者さまから処方せんをお預かりします。

 

 【患者様】

 初めてご来局された方には、お薬を安全にお飲みいただく為に、質問票を書いていただきます。

 お薬手帳をお持ちの方は一緒にお出しください。

 

 

矢印2

 2,処方内容の確認(1度目のチェック)


処方せんの確認 【薬局】
 重複しているお薬はないか、相互作用に問題はないか、
 使用してはいけないお薬が出ていないか、などを最初に確認。
 患者さまからお預かりした「お薬手帳」と薬歴情報をもとに飲み合わせなども確認します。

 内容によっては医師に問い合わせする場合があります。

 

 

 

矢印2

3,処方せんの内容を入力


入力 【薬局】
 処方せんの内容に基づき、レセプト用コンピュータに入力します。

 お薬代の計算や処方歴の情報を確認します。

 

 

 

 

 

矢印2

 4,お薬の準備


薬の準備 【薬局】
 入力情報に基づき、調剤前にバーコード照合を行い、調剤過誤を防止します。

 •錠剤の場合:処方せんに基づき、お薬を揃えます。
 •粉薬の場合:処方せんに基づき、粉薬を計って分包します。
 •一包化※の場合:医師の指示のもと、複数種のお薬を1回分毎にまとめます。
 •外用薬の場合:処方せんに基づき、軟膏やクリームなどを混ぜ合わせます。

お薬が揃ったら、再度バーコード照合を行い、調剤過誤を防止します。

※一包化とは、異なる2種類以上の薬を飲む場合や、飲むタイミング(朝・昼・夜)毎に薬を1回分ずつ一袋にまとめる作業のこと。

 

 

矢印2

 5,用意したお薬の確認(2度目のチェック)


 
流れ7【薬局】


 処方せんの内容と入力内容の照合をします。
 処方せん通りにお薬が準備されているか確認します。

 最後に重複しているお薬がないか、相互作用に問題はないかなどを再確認します。

 

 

 

 

矢印2

 6,お薬のお渡し(ご説明とお薬の再確認)


薬のお渡し 【薬局】
 患者さまにお薬をお渡しします。

 お薬を効果的かつ安全に服用していただくために、いくつか質問をしたり、ご説明をしながらお渡しします。
 患者さまとの会話の中から、副作用が無いかなどの確認も行っています。

 ここでも、処方せん通りにお薬が準備されているか再確認(3度目のチェック)をします。

 

 

 

矢印2

 

 

7,患者さんの情報を記録(次回以降のお薬の説明の為。薬歴の作成)



流れ5-1 【薬局】

 患者さまをお見送りした後も、薬剤師の仕事は終わっていません。
 薬歴と呼ばれる患者さまのお薬処方歴に、最新のご説明内容・質問などを電子薬歴を用いて記録します。
 次回ご来局の際には、副作用の確認を行いながら、薬歴を参照して適正な調剤を行っています。

 

 

 

 

 

 

e-処方せん受付

 

1,処方せんを受信


 
スマホから送信 【薬局】
 “e-処方せん”アプリから送ってもらった処方せんを受信。

 

 

 

 

 

矢印2

 2,処方内容の確認(1度目のチェック)


薬の確認 【薬局】
 重複しているお薬はないか、相互作用に問題はないか、
 使用してはいけないお薬が出ていないか、などを最初に確認。

 内容によっては医師に問い合わせする場合があります。

 在庫がない場合や患者さんの状況確認など、お電話を掛ける場合があります。

 

 

 

矢印2

  3,処方せんの内容を入力


入力 【薬局】
 処方せんの内容に基づき、レセプト用コンピュータに入力します。

 お薬代の計算や処方歴の情報を確認します。

 

 

 

 

矢印2

4,お薬の準備


薬の準備 【薬局】
 入力情報に基づき、調剤前にバーコード照合を行い、調剤過誤を防止します。

 •錠剤の場合:処方せんに基づき、お薬を揃えます。
 •粉薬の場合:処方せんに基づき、粉薬を計って分包します。
 •一包化※の場合:医師の指示のもと、複数種のお薬を1回分毎にまとめます。
 •外用薬の場合:処方せんに基づき、軟膏やクリームなどを混ぜ合わせます。

お薬が揃ったら、再度バーコード照合を行い、調剤過誤を防止します。

※一包化とは、異なる2種類以上の薬を飲む場合や、飲むタイミング(朝・昼・夜)毎に薬を1回分ずつ一袋にまとめる作業のこと。

 

 

矢印2

5,用意したお薬の確認(2度目のチェック)


 
流れ7【薬局】


 処方せんの内容と入力内容の照合をします。
 処方せん通りにお薬が準備されているか確認します。

 最後に重複しているお薬がないか、相互作用に問題はないかなどを再確認します。

 

 

 

 

 

矢印2

6,登録メールアドレスへご連絡


完了メール 【薬局】
 お薬の準備が済んだら、ご登録のメールアドレスに「お薬準備完了メール」を送信いたします。

 【患者様】
 ご都合のよい時にお越しください。
  ※処方せんには、4日以内の有効期限ございますので、期限内にお越しください。

 

 

 

矢印2

7,処方せんを受付


処方せんを受付 【薬局】
 病院から発行してもらった処方せんをお預かりします。

 【患者様】
 ※処方せんを忘れるとお薬をお渡しできませんので、ご注意ください。

 

 

 

 

矢印2

8,お薬のお渡し(ご説明とお薬の再確認)


薬のお渡し 【薬局】
 患者さまにお薬をお渡しします。
 お薬を効果的かつ安全に服用していただくために、いくつか質問をしたり、ご説明をしながらお渡しします。
 患者さまとの会話の中から、副作用が無いかなどの確認も行っています。

 ここでも、処方せん通りにお薬が準備されているか再確認(3度目のチェック)をします。

 

 

 

 

矢印2

9,患者さんの情報を記録(次回以降のお薬の説明の為。薬歴の作成)



流れ5-1 【薬局】

 患者さまをお見送りした後も、薬剤師の仕事は終わっていません。
 薬歴と呼ばれる患者さまのお薬処方歴に、最新のご説明内容・質問などを電子薬歴を用いて記録します。
 次回ご来局の際には、副作用の確認を行いながら、薬歴を参照して適正な調剤を行っています。